フラット35の審査の技術基準とは?

フラット35は、住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して行っている最長35年の長期固定金利住宅ローンです。
特に借り入れた時の金利が返済終了時まで続く固定金利であるので多くの住宅購入者が利用しています。
ところで、フラット35も住宅ローンですので事前の審査があります。
その内容は、購入する住宅やマンションの技術基準に関する事と、借入を行なう人に関する事があります。
技術審査の内容は住宅金融支援機構から開示されています。
主な項目としては住宅の規模が一戸建てなら70平米以上、マンションなら30平米以上必要であることなどです。
一方、借入を行なう人に関しては審査内容が公開されていません。
ただし、住宅金融支援機構はフラット35の借り入れ条件として、年収が400万円未満の人は年間の返済額が年収の30%以下、400万円以上の人は返済額が年収の35%以下と規定しているので、既に他のローンなどで借入をしている人は注意が必要です。