インターネット光回線開通では工事が必要です!

インターネット回線はADSLや光回線は開通工事が必要ですね。
ADSLは固定電話を使っているなら、既存の回線を利用しての開通工事になります。
電話用と、ADSL用に回線を分けてルーターを設置する作業が必要になります。
光回線の場合は、メタルの電話回線とは別に光りファイバーの引き入れが必要になります。
光回線を開通させるには、回線終端装置を設置します。
また、光電話の利用があるなら、光電話に対応したルーターを使う必要があり、開通工事の時に設置します。
開通工事の時までにプロバイダとの契約を済ませて、インターネット接続に必要なIDとパスワードを受け取りましょう。
この一連の連絡をまとめてするには、プロバイダ経由やポータルサイトから新規申し込みをするのがラクです。
http://www.hikarikaisen-moushikomi.com/