アンプルールの高瀬ドクターってしってますか?

あなたは、お医者さんが開発した化粧品って気になりませんか? なんと、高瀬ドクターが化粧品に興味を抱くきっかけになったのが、昔から愛用されているヘチマコロンだったのだそうですよ。
高瀬ドクターが、小学校のころにおばあさんに渡されて、つけてみたのがきっかけだったとか。
確かに、昔からあるヘチマコロンは、香りもほのかで、心地よくつけたあとはお肌がしっとりします。
だから、長年、たくさんの人に愛されている化粧品です。
そのころ、ヘチマコロンをつけた少女の高瀬ドクターの心はときめき、化粧品という世界にあこがれを持ったのだそうですよ。
こうした出来事がきっかけで、高瀬ドクターが「アンプルール」を生み出すことになりました。
また、高瀬ドクターが皮膚科の先生になった別のエピソードもあるのです。
先生は、少女時代に両頬に「太田母斑」と呼ばれるアザがあったのだそうです。
先生が大学生のときにドクターである父から「レーザー治療」で、そのアザを消す施術を進められたのだそうです。
レーザー治療後、頬からアザは消え、心がとても晴れ晴れしたと言うのです。
そして、高瀬ドクターは医学の可能性にとても興味を持ったということでした。
本人は、それほど気にしないように振舞っていても、実は心の奥底ではかなり気にしていることもあるでしょう。
アンプルール口コミは?@コスメでシミ効果評判!【私の体験写真あり】