近頃光回線の業者が高齢宅を訪れ最終的に強引に契約させるケースが増えているみたいです

ここ最近、光回線の業者が高齢の方が住むお宅を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが増えてきております。
この事態を深刻にみて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光回線契約に関しクーリングオフ制度を2015年に導入する方針を定かにいたしました。
転居してきた際に、アパートにもとから光回線に加入されていなかったため、申し込みの後に工事をしなければなりませんでした。
工事をしにきてくれた担当者はとても清潔な雰囲気で、説明も細に入っていて会社への評価も高いものになりました。
光回線にはセット割といったものが設定されているケースが多くあります。
このセット割とは、光回線と携帯回線を同時に契約を行うもので割引をしてもらえるといったサービスです。
この分野では、これ以降キャリア大手による競争の激化が予想されております。
私の住居はくしくもwimaxのエリア外です。
wimaxは外出先でも使用できるし、動画を画面に出すにも十分に観れる速度なので、希望するならお願いしたいのです。
住所を移す予定はないため、一日も早く、エリアが広がってくれることを本当に願っています。
インターネットプロバイダーの会社は、新しく加入する人や乗り換えの人を対象とした多様なキャンペーンを展開しています。
引っ越しの時や新規での加入の時には、直で電話したり、インターネットでの申し込みをせず近所の家電量販店やキャンペーンの特典を受けることが出来るサイトから申し込みをするとお得なサービスが受けられます。

光回線プロバイダー料金比較