介護保険制度を利用しようと思っています!

介護サービスについてですが、介護保険制度が導入される前と言うのは、各市区町村で行政が要介護者を判断していました。
それで介護施設への入所を行ったりだとか、在宅介護サービスが受けられるように手続きで「措置制度」を行っていました。
この措置制度についてですが、要介護者が自分で受けたい介護サービスを選ぶと言うことが出来なかったと言います。
(汗)また、要介護者の判断をしてもらう時に所得調査まで行っていたそうですね。
それに対する抵抗感もあったと言うことです。
言い換えると、つまり「介護サービスを受けさせてあげている!」現在、導入されている介護保険制度と言うのは、介護保険料を40歳以上で支払わなければならないと言う義務になっています。
この「介護保険料」と「税金」で介護保険制度と言うのは動いています。
そして、介護サービスを受ける場合は、要介護者のレベルに沿って自分で受ける介護サービスを選ぶことができます。
それで計画自体を自分で立てられると言うことになりますね。
そう言うことで、介護保険制度と言うのは要介護者は誰に気兼ねすることもなく主体的な立場で介護サービスを受けることが出来るのです。
そう言う事になります。
(笑顔)そうして介護サービスを受ける事、介護サービスを提供している事業者と契約を結ぶと言うようになりますね。
自分で決められると言うことが魅力ですよね。
(笑顔)
保険無料相談窓口キャンペーン